もし転職回数が多かったとしても転職はできる

自分のスキルを他の職場で活かしたい、新しいことを身に着けたいなどの前向きな気持ちで転職を望む人にとっては、ある程度その職場に留まることで吸収できることをすべて吸収し、その上で新しい仕事に目を向けるため短期間での転職というのはまずあり得ない。そのため転職回数が多いという経歴を持ちながら「自分の力をもっと伸ばす為に」と前向きにも捉えられる転職理由を伝えたとしてもまったく説得力がないのである。

仕事を探す上で転職回数が多いというのは1つの痛手であることに間違いはない。どこの企業を受けたとしても必ずと言っていいほどその理由を尋ねられるだろう。そのときにいかに矛盾をうまずに説得力のある返答ができるかが鍵となる。人によって転職理由は様々である。職場の人間関係が合わなかった、条件が聞いていたものと違っていたなどの事例が多いのも事実だ。しかしどんなに探しても100点満点の企業などないのだ。そのため「自分の転職回数が多いのは企業側が悪い」というように捉えられる言い方はNGである。企業側にも納得してもらえるようにきちんと対応する練習を行うことが必要だ。自分の意見もしっかり伝えることができ、前向きさが認められればおのずと採用率も上がってくる。

転職が多いからと言って周りの応募者に引け目を感じるのではなく、たくさんの会社を経験してきたからこそ分かること、これから自分は会社にとって、また企業にとってどんな人間でありたいかをしっかり考えるようにしよう。